« スローライフな音楽 | トップページ | 私のライバル »

スローライフと経済

世界的に、不況に見舞われています。

スローライフと経済、

片や人間らしい生活の試み、

片や暮らしを豊かにするためのシステム、

相互に関連しない訳がありません。

人間のための経済システムが、「人間」を圧迫している、

この現実が、スローライフの原点にはあります。

この点で、両者は背反します。

ドイツでは、この不況を機に(やむなく?)

労働時間を短縮する方向にあるそうです。

日本では、どうでしょう?

失業関連の話題には事欠きませんが、

時短の話はあまり聞かない…。

政治・経済を扱うブログではないので、

あまり掘り下げた意見は書きませんが、

うまくワークシェアできたら、いいですよね。

さて、スローライフ。

一般的には「自給自足」や「質素な生活」を目指したり、

と経済を鎮静化する動きが強いと思います。

時短はその大前提ですしね。

この意味では、この不況は経済とスローライフの

いい関係をつくるチャンスになるかもしれません。

私たち、スローライフを推奨する側も、

経済に対し、もっと積極的でいいはずです。

生産や貯蓄のためではなく、人生や生活を楽しむ消費

そうした新しいニーズを出すことで、

いい布石を置きたいですね。

そんな、新しい経済スタイルがこの不況を打破できたら、

それが新しい雇用の糸口になれば、

って思うのは、遅い初夢に過ぎないでしょうか?

|

« スローライフな音楽 | トップページ | 私のライバル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スローライフと経済:

« スローライフな音楽 | トップページ | 私のライバル »