« 横浜市電保存館 | トップページ | 景色に、なる »

漢字検定

今は豚インフルエンザがニュースのトップですが、

今年に入ってから、世間を揺るがしたものに、

財)日本漢字能力検定協会(漢検)の不正があります。

詳しいことは書きませんが(不勉強だから…?)

公益な事業を行う法人でありながら、

莫大な利益を上げ、

その利益を適正に管理・運用していなかった、

ということ。

この事実に対して、私の懸念を述べます。

第一に、「漢字の株」が下がらないか?ということ。

漢検が莫大な利益を上げた経緯として、発覚までの

「漢字ブーム」が、あまりに記憶に新しくあります。

私も、受験こそしませんでしたが、

このブームをむしろ好ましく思っていました。

漢検で、ある程度勉強しなければならない

上位級の漢字は、ほとんど

覚えても実務には使えない。

それ以下の級は、履歴書に書けない。

このパラドックスも、

利害より文化・漢字のおもしろさを

際立たせているように思いました。

しかし、今はどうでしょう?

受験者数は激減でしょうし、せっかく取得した級も、

履歴書に書きづらく(資格として使えなく)なっている、

のではないでしょうか?

これは、今まで努力して漢字を勉強し、

受験料を負担して受験・合格したのに、

どちらかと言えば受験者は被害者なくらいなのに、

「泣きっ面に蜂」でしょう。

それに何より、漢字を学ぶ目標の一つが崩れた、

この事実が、私たちの興味関心から

「漢字」の比重を下げないか、と思います。

それは、文化の衰退に他なりません。

もう1つは、公益・非営利に対する世間の目です。

莫大な利益を上げた、と言っても、

営利・民間企業なら、「おめでとう!」でしょう。

これが「不正」となるのは、

漢検が公益・非営利の事業だからに他なりません。

営利・民間企業なら、その事業・商品を

特定の顧客に評価され、その対価を得ますが

公益・非営利は、

特定の誰か、に認められるのではなく、

「特定の誰かではない、みんな」

に認められ、対価を得ます。

その対価は、行政等からの補助金・助成金や

減税という形でなされますが、

これを受けるために、それなりの条件があり、

ボロ儲けはできない仕組みです。

もちろん、

もらった対価の使途も、決められています。

文化や教育と言う「みんな」のために

意義を認められてた漢検は、

これに違反した訳です。

私の勤める保育の世界も、公益・非営利です。

同じように、法により制約が課されますが、

これにより、適正かつ安定した保育がなされます。

が、今、福祉(だけではありませんが)には

自由契約・市場の原理の波が押し寄せています。

公益・非営利の枷も対価も減らしていこう、

利用したい人にサーヴィスを提供し、

その人たちから対価を得る仕組みにしよう、

という流れです。

自由契約でも、保育は、できます。

が、そこに、今のような安定性は、ないでしょう。

人を人として育てたり、支援したりする営みには

どうしても長い、落ち着いた姿勢が必要です。

これには、枷はあっても安定性が必要なのです

(いえ、枷もまた、必要と考えます)

私の世界を例に出しましたが、

これは他の公益・非営利の世界にも言えましょう。

今回の漢検の、

公益・非営利事業としてあるまじき不正が、

それを非難する世間の論調が、勢い余って、

本来、それはそれとして意義のある

公益・非営利の存在意義を

ヒステリックに低く見ないだろうか、

と危惧しています。

|

« 横浜市電保存館 | トップページ | 景色に、なる »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

公務員も、不正のニュースは後を絶ちません
ワタシ達は、公僕として、いつでもみなさんの目が見ていることを意識し、公共のために仕事をしている(つもり)です。
一人の、一団体の不正が全体の評価になってしまいます。
心して欲しいものです

投稿: ゆうまま | 2009年4月30日 (木) 22時55分

すとれちあ。さん
本当に、許せないです。
一生懸命勉強して、履歴書に書くのを
楽しみにしていた人も沢山いたでしょうね。
私も、自分が取得した資格がそんなことになったら
悲しいし。。。
個人的な感情もですが、社会的にも許しがたいことです。
公益・非営利団体への存在意義。。。そこまで
深く考えていませんでした。
そう感じる人がいるとしたら、更に、不正が許せませんよね。
本当に、いろんなことを考えているすとれちあ。さん。
素敵は母親ですね。きっともんすてら。ちゃんから
尊敬されるお母さんですよ
・・・なんか話がズレてきちゃいました

投稿: ゆめ | 2009年4月30日 (木) 23時32分

ほんまですねえ。こうした団体が不正などの裏切り行為は
公益や非営利団体のそのものへの不信感になりますよね・・・

漢字検定は私も受けたことはありませんが・・・少し興味があったので・・・何だか残念ですね。
でもそういう目標を持って挑戦し、得た資格には胸を張っていていいと思います!不正をした団体には憤りはあっても、自分が得た知識は自分のものですもんね~
今ってTVでもクイズ番組が多い(常識問題とか)しゲームの世界でも脳を活性させる為のクイズ?とやらがブームですよね~
入り口はこうしたゲーム感覚であっても
日本の文化や世界の色んな歴史等の知識を得ることって
いいことやな~て思ったりしてます。
・・・って私こそ思いっきり話ズレました(笑)

投稿: ぴぐもん | 2009年5月 1日 (金) 03時11分

ゆうままさん おじゃりやれ

私も、行政には近い業種で仕事をしているのでわかりますが、
公務員の方も大変なお仕事を、真面目にこなされているの、わかります。
世間では、「公務員はいいね~」等と言われますが、
(いいところもあるのでしょうが)
傍から見ただけでは分からない大変さもあるようですね。
そんな方々の積み重ねで、今の私たちの安心があるのだと思います。
それを愚弄するような、一部の公務員の恣意には、立腹しますがね

投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 1日 (金) 14時12分

ゆめさん おじゃりやれ

そうですね。
漢検の所業は、みんなの夢や楽しみを愚弄した、
とも言えるかもしれません。
漢検が今後どうなるかはわかりませんが、
漢字の学びを志した人は、これに関わらず、貫いてほしいですね。

ゆめさんのお言葉、もったいのうございますm(_ _)m

投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 1日 (金) 14時22分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

いえいえ、全然ずれてませんよ~
きっかけはどうあれ、学ぶ・興味持つってことは
とてもいいことだし、今回の漢検の仕業は
それを阻害しちゃう結果を生むって意味でも、
本当に許せない。
ただ、ぴぐもんさんのおっしゃるとおり
漢検のイメージは多少落ちても、
本人も周り(会社や学校の選考する人とか)は
その学力や努力は変わらずに認めてほしいですね。

投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 1日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字検定:

« 横浜市電保存館 | トップページ | 景色に、なる »