« 漢字検定 | トップページ | エコは自分を見つめて »

景色に、なる

今日から5月、初夏らしい世界にご招待しましょう。

今では年に2~3回くらいしか行けませんが、

ヨットに乗るのが、好きです。

ヨットと言っても、エンジンのない

「ディンギー」ですが。

今は、三浦で乗っていますが、

最初は逗子をベースに、

毎週のように乗っていました。

家から近いし、何よりヨットの盛んな地域です。

今日の目的地は、江ノ島。ウェットスーツを纏い、

ヨットの艤装をし、マリーナから出艇します。

最初の難関は、出艇後の波打ち際。

暗礁や、季節を先取りした海水浴客が

水面の下にいないとも限りませんが、

砂が混ざった不透明な海水が視界を妨げます。

それに、今では下火、とは言え、逗子はメッカ。

狭い湾に、ヨットやウィンドサーフィンがひしめき、

数十mごとに風上方向に舵を切る、

「タック」を余儀なくされます。

艇の大きさは大きめの車と同じくらいですが、

車と違い、ヨットの安全な艇間距離は50m以上、

ニアミスを繰り返す、ギリギリの過密状況です。

湾の出口が近付いてきました。

さすがに艇の数は減り、

ニアミスの恐れはなくなります。

が、緊張感は増すばかり。

湾の出口は風の向きや強さが突発的に変わる上、

小坪大崎付近は暗礁が多く、

転覆(-チン-と言います)や座礁の危険大。

周囲の海面を見て、右にある岬を通過すると…、

景色は一変。大きな海原が広がります。

右には南欧のような逗子マリーナ、

左には果てしない水平線、

そして目の前にあるのは、目的港江ノ島です。

この季節、日中の風は大抵海から陸への南風。

真西に向かう艇には、左舷からのウィンドアビーム、

ヨットが最も安定した帆走のできる状態です。

太陽に照らされた水面はキラキラ輝き、

波間から出たトビウオが浮遊します。

Cimg0423

賑わっている鎌倉由比ヶ浜を過ぎ、

稲村ケ崎を超えます。

右に見える道路は渋滞。

新田義貞は、天然の要衝を避けるため、

ここから太刀を投げ入れ、海上に道を開き、

鎌倉幕府を攻めたという伝説ですが、

鎌倉までの陸路が険しいのは、

今も昔も変わらないのかもしれません。

そして七里ガ浜沖に差しかかります。

江ノ電と国道134号が並行する、

最も湘南らしい景色です。

ただ、違うのは、それを眺めるアングル。

江ノ電や車の車窓として、

海を眺める景色は有名ですが、

今、こちらからは陸が見えます

と言うより、陸から海を眺める景色、

ここに自分が描かれている、

ちょっと、優越感に浸れるというものです。

江ノ島が近づいてきました。

今度は、こちらのヨットが増えてきます。

また、艇間距離が狭くなってきます。

が、湾ではないから余裕はあるし、

風もさほど癖はありません。

逗子に比べたら、変な緊張感はありません。

周りの艇にあいさつしつつ減速しつつ、

ハーバー内に進入します。

風を孕まない帆がバタバタと音を立てます。

ゆっくり桟橋に近づき、左舷から接岸。

帆を解放し、

ブーツをひっくり返したようなボラートに

バウロープを結びつけ、接岸完了。

見慣れない艇と顔に、江ノ島のハーバーの

オジサマ方が歓迎してくれます。

初対面でも、ベースが違っても、

ヨット乗りってだけで、仲間なんですよね。

今まで走ってきた海原、

小さな光が沖から陸へ南から北へ、

走っては消え、走っては消え、

穏やかな南風が吹き続けている証拠、

今度は右舷からのウィンドアビームです。

帰りも、順調な航海ができそう。

休憩しつつ島内を散歩したら、

また帆を立てて、逗子に向けて出艇です。

|

« 漢字検定 | トップページ | エコは自分を見つめて »

」カテゴリの記事

コメント

すとれちあ。さん
素敵
ドラマみたいです
ヨットって自分で操縦(?)するんですよね。
かっこいい・・・
読みながら、思わず眼を閉じて想像してしまいました。
未知の世界に連れて行ってくれて、
ありがとうございました

投稿: | 2009年5月 2日 (土) 23時22分

か~っこいいですねえ
ヨットなんて遠い遠い世界の話です。
第一泳げないので、怖くてそんな沖の方まで間違ってもいけないよ
でも。。。人がのせてくれるのなら、船に乗って、暖かい海の真ん中でのんびりしたいものですねえ。お魚も見たいな。

投稿: ゆうまま | 2009年5月 3日 (日) 14時01分

ゆめさん、でしょうか? おじゃりやれ

嬉しいコメント、ありがとうございます。
仕事や子と過ごす時間を除けば、
海は私の一番の趣味なんです

今まで、あまり海の話を書きませんでしたが、
これからは増やしていこうかな、と思ってます。
ゆめさんのブログからは、お菓子の甘~い香りがしますが、
私の画面からは、潮風を楽しんでいただけるブログにしたいものです。
「ゆうべ浜辺をもとおれば、」って看板ですからね


投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 4日 (月) 10時03分

ゆうままさん おじゃりやれ

ヨット、気持ちいいですよ
記事にも書きましたが、私もほとんど乗れてませんが。
たまに、このブログに海のこと、書こうと思います。
画面から、潮風の香りを楽しんでいただけたら、と思います。
お魚さんたちにも、登場していただきますので、
お楽しみにしてて下さい(「トロ」とか「開き」じゃないですよ…)。

投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 4日 (月) 10時10分

すとれちあ。さん
そう・・・私でした!
ほんとに、うっかりしてて
わかってくれてありがとうございます

投稿: ゆめ | 2009年5月 4日 (月) 23時11分

おはようございます!!
文章を読みながら
自分も海風をうけてキラキラした海面を
眺めている気分にさせてもらいました~ヽ(´▽`)/
すとれちあ。さんの文章は本当に
描写が素晴らしいので
全くヨットの経験がない私でも
なんだか海から陸をみる景色が
想像できてしまうから不思議です

でも実際にその場にいらっしゃるすとれちあさんが
体感される気持ち良さは
きっと想像以上なんでしょうね~
ほんと羨ましいです!!
また海。浜辺。の記事楽しみにしてまーーーすヽ(´▽`)/

投稿: ぴぐもん | 2009年5月 6日 (水) 09時17分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

ワタクシ、海は大好きですから(^o^)

海はいいなぁ、って思いながらも、家から遠かったり 日焼けが気になったり でなかなか行けない方は多いと思います。
私のブログでは 画面から潮風が感じていただけたら なんて思ってます。

投稿: すとれちあ。 | 2009年5月 6日 (水) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景色に、なる:

« 漢字検定 | トップページ | エコは自分を見つめて »