« 努力って素晴らしい | トップページ | ゆとり世代の新卒対応 »

興味は成長のエネルギー           ~紙芝居とクワガタムシ

先日の朝、家の前でクワガタムシ()を見つけました。

以前書きましたが、私は虫が大の苦手なので

見て見ぬふりをしたかったのですが、

職場ぱいなぷる保育園で

カブト虫に目を輝かす子を見ているので、

ここはやっぱり、勇気を出して捕まえました

(う~、怖かったよ~)

Photo

で、家では飼えませんから(無理!)

子もんすてら。のここなつ保育園に持っていくことに。

虫のためには逃がしてあげたいけど、

やっぱり子どもには、命に触れさせてあげたいし

(そして私は触れたくないし)

迷惑なことに、ぱいなぷる保育園には

山ほどカブト虫がいるし。

ここなつ保育園で、飼って観察するなり、

園庭で、みんなで逃がしてあげるなり、

そんな保育の一環に貢献できたら。

朝の保育室では、パートの保育補助さんが、

紙芝居を読んであげていました。

異年齢の長時間保育の子たちが20人くらい。

後ろで、年長さんたちがつまらなそう。

もう、とっくに卒業したレベルなんですよね

(年長向けの紙芝居じゃ小さい子がかわいそうだし。

異年齢保育って、難しい…)。そっぽ向いてる子に、

他の保育補助さんが何度も叱っています。

「ほら、お行儀よく聞きなさい!」

帰り際、もう1人の保育補助さんに

(専任の先生は朝の打ち合わせ中なんです)

クワガタムシを渡しました。

紙芝居の邪魔にならないよう、こっそりと。

でも、子どもは目ざといもの。

最初はあの、年長さんたちが。

続いて聞き入っていた子たちも、

ワッと押し寄せてきました。

紙芝居は…、崩壊です

「紙芝居が終わったら見ようね~」

先生3人と(仕事モードONになった)私とで、

子どもたちを誘導し、ひとまず紙芝居再開。

そして私はその場を後にしました。

が、紙芝居を聞きたくない子に大人が強要して、

あれじゃ誰だってクワガタムシに行くよなぁ、

って思いました。

紙芝居の進行や聞く子の邪魔してた訳じゃないし、

ただそっぽを向いてただけの子、

その子を叱って前向かせても、

興味なんて生まれる訳ありません。

興味こそ、子どもの成長の一番のエネルギーなのに。

私も先生に協力して紙芝居に誘導してしまいましたが、

子どもの興味関心は、完全にクワガワムシ。

本当なら、紙芝居は後にしておいて、

「ほら、クワガタムシだよ~」って、

その目を惹きつける方が、ずっといい保育じゃないかな。

他の保育園のことだから何も言わなかったけど、

なーんか、釈然としない思いがしました。

|

« 努力って素晴らしい | トップページ | ゆとり世代の新卒対応 »

育児」カテゴリの記事

コメント

う~ん。そうですねえ。なかなか大変そうですね。異年齢児の保育って。
紙芝居といえば、伊豆の弓ヶ浜では、毎年、小さい子を集めて海をきれいに、みたいな紙芝居をしていました。小さいこといっても本当に小さい子はお母さんが来ないと危なくて見ていられないから、小学生低学年向きでした。みんな、そのあとのおみやげほしさに集まっていたわ。

投稿: ゆうまま | 2009年7月27日 (月) 22時08分

ゆうままさん おじゃりやれ

へ~弓ヶ浜って下田の先の、とってもきれいな砂浜ですよね
それで、浜がきれいになって、なおかつ子どもに自然を大事に、
みたいな意識が少しでも芽生えたら、一石二鳥

異年齢保育は大変ですね
子にとっても得るものも多いし、いい機会なんだけど。
記事の異年齢保育は、長時間保育対応の、やむない異年齢保育
(職員の人手の問題で)。
通常保育時間の中で、事前にちゃんと計画をするような異年齢保育でないと
難しいのかもしれませんね。
保育園の苦しい実情が垣間見えるというものです

投稿: すとれちあ。 | 2009年7月28日 (火) 11時57分

すとれちあ。さん
なるほどね~。。異年齢児の保育は大変でしょうね。。。
同年齢でも、夢中になれる子・そうでない子がいるのに!
子供は興味があるときが、なんでも吸収できる時だから
そうしてあげたいところですが、
保育園の先生達も、いろんな葛藤があるのでしょうね・・・。

投稿: ゆめ | 2009年7月28日 (火) 23時56分

ゆめさん おじゃりやれ

きっと、↑の記事をその先生たちが読んだら「わかってるわよ!もぅ」って
言われそうですね
異年齢保育は、大変だけど得るものも多い(子にも保育者にも)。
でもそれは、ちゃんと準備をして場面を仕切ったらの話で、
今回の状況は、多忙かつ人手不足の中の、やむない状況ですからね。
園の内情は分かるので、特に対応は批判しませんが、
こういう保育者のアップアップした状況が、子どもの発達の機会を
損ねちゃっている、それは確かだと思うんです。
もうちょっと、ゆとりある運営ができたら…、ね。

投稿: すとれちあ。 | 2009年7月29日 (水) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興味は成長のエネルギー           ~紙芝居とクワガタムシ:

« 努力って素晴らしい | トップページ | ゆとり世代の新卒対応 »