« スローライフな音楽Ⅵ~「浜辺の歌」 | トップページ | 努力って素晴らしい »

小田急ロマンスカー

  七夕の短冊にも書いた、子もんすてら。の将来の夢は

「小田急ロマンスカーVSEの運転手さん」。

電車の運転手さんは子どもの夢の定番ですね。

海もごっこ遊びも好きなもんすてら。ですが、

将来の夢はやはり、この定番コース。

そして、子どもに人気のある電車の筆頭は、

やはり新幹線か、小田急ロマンスカーでしょうね。

小田急も、それを狙ってか、

ロマンスカーを単なる電車というより、

キャラクターとして売り出している気がします。

グッズもたくさんあるし。

一番のライバルは、新幹線よりも

ディズニ―か「きかんしゃトーマス」かもしれません。

でも、「VSEって何よ?」って思いません?

ロマンスカーって、いろんな種類があるんです。

赤いの青いの、二階建ての(トーマスもアンパンマンも

いろんな仲間がいるじゃないですか)

VSEは、この中で、(多分)一番豪華で、

実用性のなさそうな、白いロマンスカーなんです。

小田急のホームページとか見ても、真っ先に目につくし、

恐らく、トーマスかゴードンあたりなんでしょうね。

ところが、横浜に住む私たちには、

小田急ロマンスカーは近くて遠い存在。

乗るどころか見る機会さえ、あまりありません。

仕方なく、絵本やプラレールで楽しむ毎日。

一度だけ、新宿駅で入場券を買って、

見せに連れて行ったことがあります。

が、主役は遅れてくるもの。

2時間くらい、待たされました

(それまでも、他のロマンスカーを見れて、

それはそれで楽しみましたが)

Vse_8

いつか、本物に乗せてあげたいなぁ。

そして大人になったら、夢を実現させてね。

きっと、一部上場企業の専門職、

少なくとも、保育園よりは待遇いいはず。

そして私たちの老後を支えてちょーだいね。

|

« スローライフな音楽Ⅵ~「浜辺の歌」 | トップページ | 努力って素晴らしい »

育児」カテゴリの記事

コメント

小田急ロマンスカー。。。名前は聞けども見たことも乗ったこともないかも。
子どもが女の子2人のため、乗り物系はわからないです
ワタシの職場のそばには例の鉄道博物館もあるのですが、いったこともないし。。。
種類もいろいろあるのですね。
新宿から伊豆の方に行っている電車?ああ、なんの知識もないので変なこといっていたら笑ってやってくださいませ。
東京の私鉄ってわからないからダメだわぁ

投稿: ゆうまま | 2009年7月23日 (木) 21時38分

ゆうままさん おじゃりやれ

電車、興味ある人 ない人 分かれますね
私自身 子どもの頃は電車好きでした
大人では「オタク」みたいに言われる電車好きですが(私も引くけど)少なくとも車よりはいい趣味だと思っています

おっしゃる電車、ロマンスカーも沼津まで行くのあるから それでしょうかね?

投稿: すとれちあ。 | 2009年7月23日 (木) 23時30分

電車と記念撮影されてるのは
もんすてら。ちゃん(くん)ですね~??
表情は見えないけれど
きっと嬉しくてお目目をキラキラさせてたんでしょうね!!
うちの息子は中途半端で
電車系も好きだったんですけど
プラレールも新幹線からトーマスに移行してしまってからは
電車系の種類とか興味無くなってしまって・・・
結果私の知識もドクターイエローとか位です(笑)

横浜に住んでからも新幹線以外見てないです・・・
帰省も車なので・・・

でも子供に夢があるっていいですよね!!
その純粋なキラキラ。
を見てるだけで、話を聞くだけで
なんか嬉しいですよね!

いつかもんすてら。ちゃんが運転する
小田原ロマンスカーVSEに乗ってみたなあ。

投稿: ぴぐもん | 2009年7月27日 (月) 00時29分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

そうですねぇ、
子どもが好きなモノの一角を占める「電車」。
そこから卒業する子、深めていく子、いろいろですね。
そのどれも、その子の発達の道なのでしょうが。
私は、(自分自身も比較的電車が好きってのがありますが)
電車・鉄道って趣味、世間ではおたくっぽく扱われるけど
(私もディープなのはひくけど)もっと前向きに「いい趣味」として
みなされていいと思います。

夢のないことを言ってしまえば、もんすてら。が大人になる頃、
きっとVSEは引退しているか、「一番古いタイプのロマンスカー」
みたいになっているんでしょうね(^m^)

投稿: すとれちあ。 | 2009年7月27日 (月) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急ロマンスカー:

« スローライフな音楽Ⅵ~「浜辺の歌」 | トップページ | 努力って素晴らしい »