« 小田急ロマンスカーⅡ | トップページ | 腰痛…(--;) »

精神論

幸せになりたい、そのためにスローライフ、

って思いで、時には硬い内容も書いています。

エコやら、平和やら、時には文化やら、

育児をしつつ保育園で働く身として、育児・保育やら、

そんなのを統括している政治やら。

そのどれもが、とても重いテーマだと思います。

これに対して思うのが、

「私の手に負えるものじゃないんじゃないか」ってこと。

正直なところ、このどれに対しても、

私はエラソーに言える見識など、持ってはいません。

大して知らないくせに、言っている。

そしてそれは、そんなに的外れではないって自信がある

(もちろん、反対意見はあると思います)

これは、私が述べるのが「精神論」だから。

専門的な技術論に踏み込んでいないから、です。

ずるいでしょうか?

アタマだけなら何とでも言える、と言われそう。

ですが私は、人間が何かをする時、

一番大切なのが「精神論」だと思うんです。

精神論って聞いて、私たち日本人の中には

アレルギーみたいな反応が起こったり、します。

きっとそれって、約70年前の戦争の時、

何でもかんでも「愛国心」「大和魂」を圧しつけられた

そんな記憶があるからだと思います。

でも、よくよく考えてみると、

一緒にいたい家族を引き裂いて、

死にたくない人を戦場に駆り立てる、

それを「愛国心」「大和魂」で正当化していた。

こんなに「精神」を無視した「論」はありません。

この記憶で、イメージが悪くなったなら、

「精神論」は全くの冤罪ってものです。

「精神論」って、身近な言葉で言い換えれば「心がけ」

何事も、「心がけ」が大切じゃないですか。

例えば、育児で言うなら、

オムツ交換も、授乳も、育児に関する全ての技術に長けた

しかし愛情の全くない母がいたとします。

彼女は、いい育児をできるでしょうか。そうは思えません。

物事は、技術だけでは成り立たないのです。

これ、エコだって政治だってそう。

「自然を大切にしなきゃ」ってみんなが思わないと、

どんなエコ商品だってエコは実現できないし、

みんなが「いい社会にしたい」って目をもたないと、

どんな政治家も政党も、いい政治なんてしません。

更に身近な例で言えば、熱意のない恋愛、

考えただけで気分が悪いですよね。

仏作って魂入れず、なんてことわざもあります。

世の中どんどん複雑でハイテクだけど、

「本気なら気持ちから」変わらずにいたいと思います。

|

« 小田急ロマンスカーⅡ | トップページ | 腰痛…(--;) »

スローライフに必要なもの」カテゴリの記事

コメント

「本気なら気持から」本当にそのとおりだとおもいます
わたし達もそろそろ来年度の事業の検討をしているのですが、現場の意見をきいてくれているようで、本庁のほうはどこまで本気なのか疑問に思うこともたくさんあります。
予算やら、組織やらで、理想どおりに行けないのはよくわかっているのですが、口先だけの「べき論」はやめてほしいなあ。。。と、感じる今日このごろです。
あ、ちょっとずれちゃったかな。
スミマセン

投稿: ゆうまま | 2009年9月17日 (木) 20時59分

何ごとも
「心がけ」が大事!!
本当にそうですね(*^-^)
どんな事でも根底にあるべきものは
それぞれに対して
ちゃんとした気持ちがないとダメですもんね!!

今日も立ち止まって
考えさせてもらいました^^
いつもありがとうございます( ̄ー+ ̄)

投稿: ぴぐもん | 2009年9月18日 (金) 02時47分

ゆうままさん おじゃりやれ

うーん、現場の声を…、って確執は、どこにもありますね。
保育園で経理をする私も、職場は現場、なので現場側の人間だったり、
本当の現場(つまり保育士)に対しては管理側だったり、両方の立場です
ただ、どっちも同じくらい大切だけど、現場あっての管理部門、
これだけは非対称だし、現場の思い(それこそ精神論ですね)こそ、
事業を動かしていくもの、と思います。
畑も立場も違いますが、お互い頑張りましょうね

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月18日 (金) 12時45分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

何故か私はエラソーな言葉が好きなのか、
「精神論」なんてかたっくるしー言葉を使いたくなっちゃいますが、
大事なのは気持ち、に変わりはないですからね。
ぴぐもんさんのページからはがいっぱい溢れています。
それって、素敵な「精神論」じゃないですか~

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月18日 (金) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精神論:

« 小田急ロマンスカーⅡ | トップページ | 腰痛…(--;) »