« 倫理=損得勘定 | トップページ | スローライフの醍醐味 »

保育園、遅刻のできないもんすてら。

子もんすてら。は突発的なことが苦手。

得意な人もそうそういないかもしれないけど、

これに関しては、私に似て、本当にダメなんです。

脳味噌が処理不能になってしまうというか。

とりわけ、都合のいい話ではありますが、

嬉しい突発事項は喜べるけど、

嫌な突発事項に直面すると、

どんなことになるか、予想もできません。

これ、私も含めて、単なる性格上のものというより、

脳味噌の構造上、「何か」があると私は思っていますが、

それはまた、改めて書くとして、

日々の中で困るのが、「保育園の送迎」。

例えば、子どもがちょっと具合悪くて

小児科に寄ってから登園、とか

通勤時間にちょっと余裕があるから

ゆっくり登園、とか、よくあると思います。

が、もんすてら。はこれができません。

いつも同じ時刻に起床し

(私が無理やり起こしているんですが)

毎朝同じ流れで食事や歯みがきをし、

NHK教育の「いないいないばぁ」の途中で

家を出発し、ここなつ保育園に登園します。

が、過去に何度か、上みたいな理由で

遅刻をしたことがあります。

保育園にあまり行きたくないもんすてら。

家にいる時は、「嬉しい朝」なのですが、

保育園に着くと、様子が変わります。

何と言うか、赤ちゃん状態。

泣きながらぐずって、私から離れません。

こうなると、根性なしの親はダメですね。

ズルズルすればするほど、

悪循環なのはわかってるけど、なかなか振り切れない。

こんな光景、職場では日常で見ているし、

自信をもって保護者から子どもを預かっている。

保育室で、親恋しさにいつまでも子は泣きません。

頭では分かっていても、なかなか…。

いっそ、「今日の仕事、休ませて下さい」って

職場にtelしちゃう方が、よっぽど楽。

でも、そんなことしたら、絶対後悔する。

結局、しばらく格闘の上、

保育士の腕の中、泣くもんすてら。を背に

園庭を横切り、門を出ます。

背中が、焼けるように、痛い…。

と言う訳で、通院も用事も、

行くとしたら早退、それしかない。

そんな我が家の登園事情でした。

|

« 倫理=損得勘定 | トップページ | スローライフの醍醐味 »

育児」カテゴリの記事

保育」カテゴリの記事

コメント

子供に泣かれちゃうと
本当に後ろ髪が引かれて・・・辛いですよねええ(泣)

ウチの息子も(もんすてら。ちゃんとは違うかもしれませんが)
保育園に通っていたころ
いつもより遅く行くと
もうすでにお友達が多く来ていて集まって遊びが
始まってると何だかその輪に入りにくい様で・・・
(そういう年齢だったのかもしれませんが)
いつもはニコニコでバイバイだったのに
そういう時だけは足にしがみついていました・・・

子供心にいろいろあるんでしょうねえ

毎日送迎して、そしてお仕事。
すとれちあ。さん大変でしょうけど、頑張ってくださいね!”
いつも元気で前向きなすとれちあ。さんだもん
大丈夫ですね^^

投稿: ぴぐもん | 2009年9月 5日 (土) 17時16分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

そうですねぇ
ママと離れ難いか否かって話と 場の空気に入れるか否かって話がありますよね
私達だって 職場に遅れて出勤した日は(遅れて申し訳ないとかではなき)一瞬空気に馴染みにくい時がありますよね(私だけ?)
子どもながらに みんな いろいろ頑張ってるんですね
親は 温かく見てあげたいです(^o^)

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月 5日 (土) 21時16分

すとれちあ。さん
わかるな~。そういうの。
ちょっとしたことでも、いつもと違ったりすると
違和感があって溶け込めなかったり
離れがたくなったり・・・。
・・・そして泣かれちゃうと、辛いんですよね。
なぜか?罪悪感?みたいな。
少しづつ、成長と共になくなっていくんでしょうけれど・・・
がんばれ、もんすてら。ちゃん&すとれちあ。さん

投稿: ゆめ | 2009年9月 5日 (土) 23時49分

うちの子も予期せぬことが苦手なタイプですが、予告をすることで最近はかなり落ち着いてきています。
先日も遅れての登園も、なんのその。ほっ。
少しずつですが慣らしていこうとおもいます。

投稿: ひよまめ | 2009年9月 6日 (日) 17時00分

ゆめさん おじゃりやれ

預け時の罪悪感 これを経験ない親はほとんどいないんでしょうね
そして もんすてら。に限らず 子どもは毎日が未体験ワールド ちょっとした事で不安になったり…なんでしょうね
まぁ そうして成長していくのかな

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月 6日 (日) 20時07分

ひよまめさん おじゃりやれ

こうした 予期せぬことが苦手な子ども 増えているみたいですね
それぞれ 理由や仕組みはもしかしたら異なるのかもしれませんが

発達とともに解消する子とそうでない子がいるのでしょうが どちらにせよ 周り(第一に、親)の配慮が大切ですよね

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月 6日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育園、遅刻のできないもんすてら。:

« 倫理=損得勘定 | トップページ | スローライフの醍醐味 »