« スローライフの醍醐味 | トップページ | あの時彼は英雄だった »

鉄道博物館に行ってきました

夏休みに、大宮の鉄道博物館に行ってきました。

もちろん、電車大好きな子もんすてら。と

姉の子がじゅまる。を連れて、です。

いつもは家の近くの市電保存館に行っています。

それが普段のお出かけ、公園だとすると、

家から遠く、入場料も10倍の1,000円、

ディズニーランドに行くようなもんです、

ワタクシ達にとっては…

ちょっと肩の力が入っていたりして…。

ぶっちゃけた話、いろいろと残念でした。

比較する対象が間違っているのかもしれませんが、

いつもの市電保存館に比べると…

まず、大人目線では、商売っ気がプンプンします

博物館と言うより、鉄道をネタにしたテーマパーク…、

入場料1,000円なんだから仕方ないかもしれません。

が、それを言ったら、私は入場料の高いところには、

(お金の勘定を抜きにしても)

子どもを連れていきたくありません。

何と言うか、「鉄道博物館」と銘打っておきながら、

そこにあるのは、鉄道と言うより、JRばかり。

何だか、私鉄は鉄道じゃない、と言わんばかりな

最大手の奢りのようなものを感じてしまいました。

それに、展示物のそこここに

(新幹線などの)JRはすごいんだぞ」と言う、

技術のひけらかしも…。

ワタクシ、物事を斜めに見すぎでしょうか?

もんすてら。が好きということを抜きにしても、

私も鉄道は、好きです。

が、それは旅情とか、沿線の人の生活とか、

そんな、鉄道と「人」との関わりが好きであって、

鉄道そのものがどれだけすごいか、なんて

人を置いてけぼりにしたアピールには、

何の魅力も感じませんでした。

そして子ども目線。

これも、やはり惨憺たるもの

(但し、周囲の子は楽しんでいたようなので、

私の連れた2人がひねくれているかもしれません)

と言うのも、(市電保存館に比べて)展示物ばかりで、

子どもが触れるものが少ないんです。

子どもって、見るのも好きだけど、

見たものをやっぱり触りたいじゃないですか。

大きな鉄道模型のジオラマは確かにすごいけど、

動き回って自由に見れる市電保存館のそれとは違い、

見る場所が劇場みたいに席に着く方式。

お行儀よく見ないといけないんですね。

でも、子ども(だけじゃないけど)って、これだけのジオラマ、

あっちから見たら、こっちからも見たいもの。

トンネルに入る電車を見たら、向こう側も気になりますよね。

それを、「お行儀よく見ましょうね」ったって、

途中で飽きてしまいました…。

それは、(幼児に関しては)周りの子も同じみたいですね。

帰り道の会話

私「面白かった?」

子ら「面白かった!」

私「また来たい?」

子ら「いつもの方(市電保存館)がいい!」

まぁ、財布を握る方としても嬉しい感想ですね。

辛いことばかり書いた罪滅ぼしに

鉄道博物館には、1つエールを送りましょうか。

私は、エコとか文化とか、いろんな意味で、

鉄道が果たす存在感はこれからも大きくなると思います。

ましてや、1,000円で乗れる高速道路の商売敵としては

新幹線には頑張ってほしいところ。

だから、子どもたち(大人も)には、もっともっと、

鉄道好きになってほしい、なんて思っています。

これには、この鉄道博物館が果たせる役割は

とっても大きいはず。

私たちの未来のためにも、

たくさんの子どもたちを楽しませてほしいな。

|

« スローライフの醍醐味 | トップページ | あの時彼は英雄だった »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
そうですか~
鉄道博物館は、職場のちかくなのですがいったことはないんですよねえ。鉄道好きのこどももいないし・・・
JRばっかりなんですか。知りませんでした。
おちかくの「市電保存館」。なんだか味がありそうですね
鉄道博物館は、集客はすごいみたいですよね。好きな人にはとっても魅力的なのかなあ。。。?

投稿: | 2009年9月10日 (木) 22時58分

名前とアドレスをいれ忘れましたので。。。
スミマセン

投稿: ゆうまま | 2009年9月10日 (木) 22時59分

すとれちあ。さん
そうなんですか~。
行ったことはないけれど、近所の子が行って
すっごく人が多くて大変だった・・という感想のみでした
やっぱり、子供は見て、触って感じるものですよね~。
いつもの場所のほうが、楽しめたんですね。
自分が、あんまり・・・って思ったことを、子供も同じように
感じてくれるのも、なんとなく嬉しいですよね。
次回からは、いつもの場所へ、レッツゴーですね♪

投稿: ゆめ | 2009年9月11日 (金) 00時37分

ゆうままさん おじゃりやれ

鉄道博物館の集客力はすごいですね。
できて1年以上たつのに、あまり便利な所じゃないのに。
いろいろ辛口で書いてしまいましたが、
記事にも書いたように、鉄道好きって、
いろんな意味でいい趣味だと思うし、
ここで遊んで鉄道好きが育つなら、その意義は大きいと思います。
市電保存館は、鉄道好きも嬉しいですが、
鉄道を切り口にした横浜の歴史資料館だと思っていいと思います。
鉄道には興味ないけど、歴史や横浜が好きな方にはおススメ。
とは言え、ゆうままさんのお地元からはちょっと遠いですね

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月11日 (金) 18時41分

ゆめさん おじゃりやれ

子どもってやっぱり、自分で触って動かして、
その結果どうなる、って言うのに興味を動かされるんですよね。
また、そんな興味と経験が、発達に繋がるというか。
混んでたせいもあるけど、それを満たしてくれるものが
規模の割には少なかったのが残念でしたね。
それと、(私の好みの問題ですが)「人」を乗せていない鉄道なんて、
ただの機械ですからね、それが時速何キロで走れても、
面白みはない、って思うなぁ。

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月11日 (金) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館に行ってきました:

« スローライフの醍醐味 | トップページ | あの時彼は英雄だった »