« あの時彼は英雄だった | トップページ | 精神論 »

小田急ロマンスカーⅡ

前にも書きましたが、(リンク

子もんすてら。は小田急ロマンスカーが大好き。

昨日、新聞で読んだのですが、

昨年新しくできたロマンスカーの電車(MSE)が

ブルーリボン賞なるものを取った、とか…

(どんな賞かよく分からないけど、その前年にできた

一番「素敵な」電車・列車が受賞するらしい)

朝、新聞記事を見るなり、すぐもんすてら。に見せました。

自分のことのように、誇らしそう。

何しろ、将来自分が運転する電車ですからね

(但し、もんすてら。はのVSEが好きなのであり、

本人いわく、MSEはあくまでも、その「仲間」なのだとか。

アンパンマン好きな子にとっての、

カレーパンマンみたいなものでしょうか)

の中で、もんすてら。がVSEの展望席で眺めている、

車庫に停まっている青いのがMSEですが、

何と、選考者の6割がこれに投票したというから、

最近よく聞く言葉、単独過半数ってヤツですね。

他には、どんなのが選考対象だったのか知りませんが、

すごいことと思います(何かが一人勝ちする結果は、

個人的にはあまり好きではありませんがね)

そして、もんすてら。が生まれた4年前、

この年に受賞したのも、ロマンスカー。

もんすてら。の大好きなVSEです。

何よりすごいのが、私が生まれるより(ずっと)前、

この賞がつくられたきっかけも、

初代のロマンスカーのデビューだとか。

小田急ロマンスカーは、もはや、電車と言うより

キャラクターではないか、なんて私は思っています。

電車と言うと、「速さ」とか「快適さ」で

比較されますが(少なくとも、大人目線素人目線には)

こんな存在感の表し方も、アリかもしれませんね。

なお宣伝までに。

私の友人aramiさんは

(もんすてら。は「電車のせんせー」と呼んでいます)、

MSEの電車のデビューの日に乗ったそうです。

いやぁ、すごい情熱だ

|

« あの時彼は英雄だった | トップページ | 精神論 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ウチはトーマスのブームが来たくらいで
電車関係への興味をあまり持たない子だったので
私も・・・全く知識が無いんですう
きっと子供がすんごくはまっていたら
便乗してわたしの知識も増えてたんでしょうねえ!

すとれちあ。さんのブログでこの小田原ロマンスカーを
知ったんですけど~
もんすてら。ちゃんが将来運転するMSE☆
いつか見れるチャンスがあるかしら~♪

投稿: ぴぐもん | 2009年9月17日 (木) 01時17分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

「電車」は子どもの好きなものの一角を占めてますね。
私自身も鉄道って乗るのとか結構好きだし、
子どもたちがもっと鉄道好きになってくれたら、なんて思います。

横浜市民はロマンスカーにほとんど縁がないんですよね~
まあでも、将来、足を延ばして乗ってやって下さいな

投稿: すとれちあ。 | 2009年9月17日 (木) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急ロマンスカーⅡ:

« あの時彼は英雄だった | トップページ | 精神論 »