« オリンピックと私たち | トップページ | 地球に優しい「5つのR」 »

みんなで損ねたPHS

今、私たちの使っているケータイ電話、

画面がカラーだったり動画対応だったり、

メールが送れたり、着メロが歌や複雑な和音だったり、

そんなのが当たり前ですよね。

でもこれ、最初に始めたのがどこか、知っていますか?

実は全て、PHSなんです(ウィルコムとは限りません)

そして、携帯電話よりもPHSの方が、

通話音声がクリアだったり人体に影響が少なかったり、

建物や地下で電波が強かったり、低コストだったり、

PHSのアドバンテージはたくさんあります。

一方、携帯電話ならではのメリットは何でしょう?

細かい機能や特性はさておき、大きいのは

電波が強く遠くに飛ばせることから得られる、

僻地や移動に強いこと、ではないでしょうか。

これらの長短、冷静に概観して、どちらがいいですか?

ほとんどの人は僻地なんて滅多に行きません、

移動中の通話は、今やご法度ですね。

PHS運営会社のウィルコムが会社再生法の

適用を受けることになりました。

他のPHS会社はみな、(全国規模では)撤退したので、事実上、

PHSと言うシステム自体が日本から消えつつあると思います。

私は、これらの長短を比較した上で、

今の現状がどうにも理解できません。

PHSのシェアが携帯電話に押されたのは、

15年くらい前からでしょうか。

低コストなPHS=低レベルなもの、って固定観念が

ユーザーの間に根強くあるのを感じたのです。

「もうピッチは卒業」って発言も、よく聞きました。

しかし、上記の長短を冷静に見たら、

そんな図式は成り立たないはず。

むしろ、低コストはシステムの新しさによるもの、

どこまでも「何となく」の産物だと思います。

しかし、その結果、PHSは衰退しました。

確かに、今の携帯電話はコストも安く、

機能的にはPHSは携帯電話に比べて見劣りします。

実は私、15年から、今の状態を予想していました。

ユーザーが多いほど、開発は進む、

逆に言えば、ユーザーが機械やシステムを育てる、

予言の自己成就ならぬ偏見の自己成就、

ユーザーの少ないPHSは、機能もコストも

携帯電話に大きく水をあけられるだろう、

そうしたら、一層PHS離れはすすむばかり。

結果、PHSと言うシステム自体が困窮する、と。

私たちは携帯電話を育てた、PHSを育てなかった、

と言えると思います。しかしながら思うに、

PHSの弱点とみられた「電波が弱い」とは、逆を言えば

電波が弱くても済むシステムであるということ。

携帯電話の強み、「電波が強い」も、裏を返せば

遠くまで電波を飛ばさなければならないということ。

その影響は、少なからず機能、コストや人体に及びます。

携帯電話と同じくらいのユーザーがいれば、

携帯電話よりも遥かに新しいシステムのPHSは、

恐らく今の携帯電話よりも、もっと高性能で低コスト、

少なくとも今よりずっと広いエリアで使える、

人体にも影響の少ない機械になったのではないでしょうか。

冒頭の「知られざるアドバンテージ」は、

それを密かに証している気がします。

私たちは、「何となく」で、気づかぬうちに

社会的に大きな可能性を逸してしまったのではないか、

そんな思いが消えません。

|

« オリンピックと私たち | トップページ | 地球に優しい「5つのR」 »

スローライフに必要なもの」カテゴリの記事

コメント

以前、僕もPHS、使ってましたがまったく不都合ありませんでした(メール、まったく使わないせいかな)

それから、ケータイとは話それますが、昔のワープロ専用機2台あります。職場用と自宅用です。愛着もあり、また、どこも故障してないので捨てることができません。


それから、「オリンピック」の記事にもコメントしました。

投稿: ばか猫 | 2010年2月18日 (木) 22時57分

ばか猫さん おじゃりやれ

通信機器に限らず、物を大切にすること、
私達に今、課せられていることだと思います。

あっそうそう、メールについてですが、
一番最初にメールを始めたのも、PHSなんですよ。
(反則かも、ですが)記事にも書き加えておきますね。

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月19日 (金) 11時44分

新しいもの好きの そして多勢に流れる日本人らしさ、が今回の記事にはよく現れていますね。
自民党から民主党に流れたのにも似たところを感じます。
日本人がもっと本質をみようと努力してしていたならば、離島や山奥でもしかしたらPHSが使えていたのかもしれませんね。

投稿: ひよまめ | 2010年2月19日 (金) 19時57分

人間は便利なもの、楽なものに流れますからね…
今や昔に戻ろう、というのは無理な話なので、せめて、後になって「あのときこうしておけばよかった」と取り返しのつかないことにならないことを祈っています

投稿: ゆうまま | 2010年2月19日 (金) 21時26分

ひよまめさん おじゃりやれ

携帯やPHSなんて問題は まだ身近ですが (こと日本人については)政治や経済 ひいては環境破壊や労働問題 戦争と平和もこの性癖で見れると思います

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月20日 (土) 21時18分

ゆうままさん おじゃりやれ

そうですね
みんなでだーっと流れて前後が見えなくなりがちな私達です
見えなくなるのはある程度仕方ないのかもしれませんが そこで 何か を見ようと努力したいものです

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月23日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなで損ねたPHS:

« オリンピックと私たち | トップページ | 地球に優しい「5つのR」 »