« ロマンスカーに乗ってきました | トップページ | みんなで損ねたPHS »

オリンピックと私たち

バンクーバーオリンピック、始まりましたね

華やかなスポーツの祭典、純粋にこれを楽しんだり、

選手の汗に感動したり、励まされたり、

いろいろだと思います。

が、私はどうも、これを心からは楽しめません。

生来のヘンクツさのせいでしょうね。

でも、一応私なりに、根拠があるんです。

スポーツは、見るのも(下手だけど)やるのも好きな私、

もちろんテレビで観戦するのは、結構好きです。

その頂点たるオリンピックだってそうでした。

が、この気持ち、前回の北京五輪で失ってしまいました。

いろいろな批判や問題は、五輪にはつきものだとしても、

各国の(主に先進国、特に日本とアメリカの)経済と広告、

商業主義にベタベタに脚色されていた印象でした。

透き通っているはずの選手の汗や涙ですら、

何だか派手派手しい色に染まっているような…。

そして、その思惑に乗せられるかのように、

世界中の人(少なくとも日本人)は過剰に盛り上がり、

浮足立っていたようにも思います。

そして真っ只中の平成20815日の朝、

私の印象は、決定的になりました。

新聞の主要紙の一面記事は、五輪関係の記事ばかり。

もちろんこの日は、終戦記念日。それも、

ひとつ前の元号の昭和20815日は、まさにその日。

その日から64年経って初めて迎える、

20年の815日だったのです。

でも、どこの主要紙も、一面に終戦記念日を扱わず、

誰が活躍したの、ミスしたの、そんな記事ばかりでした。

終戦記念日を五輪と絡めて眺めることもできたと思います。

開場は中国、この日を

私たちとは全く違う思いで見る人々の地。

彼らの地で、彼らと共に汗を流せる素晴らしさ、

これに感謝することも、できたはずです。

国民が、過去から学ぶのを忘れてしまった日、

そして、それを忘れさせた「カネ」の狂乱…。

その「カネ」は、それからちょうど1ヶ月後、

平成20915日に始まったリーマンショックで、

世界中の人々を道連れに、大きく傾きました。

暑いようで寒い夏が終わった、そんな印象を受けました。

私たちにとって、オリンピックとは何でしょう?

世界中の人と、国籍も競技種目も超えて、

ともに汗を流し、それを眺め応援し楽しむこと、

そんな素晴らしい機会だったと思います。

いや、四の五の言わず、純粋にスポーツを楽しむだけ、

それでもいいでしょう。

今のオリンピックは、それを忘れかけている気がします。

五輪から「カネ」、ゴシップ、政治の綱引きが消えた時、

私はもう一度、これを楽しみたいと思います。

|

« ロマンスカーに乗ってきました | トップページ | みんなで損ねたPHS »

スローライフに必要なもの」カテゴリの記事

コメント

8月15日の朝刊は象徴的ですね~
日本人は熱しやすく冷めやすいし、大衆的に受けの良い記事を好みますからね。。。。とはいっても、新聞はやはり報道すべきことを外してほしくないですね。テレビじゃないんだから。
オリンピックに限らず、NHKはともかく、最近いろいろなスポーツ番組の実況中継がうるさくて、聞き苦しいのは私だけかしら?

投稿: ゆうまま | 2010年2月16日 (火) 20時17分

あー私、そういう風には見てなかったです。
単純に4年間頑張ってきた人たちを応援して感動するだけでした。

投稿: クロッカス | 2010年2月17日 (水) 09時24分

ゆうままさん クロッカスさん おじゃりやれ

聞き苦しい、ですよね。
新聞もテレビも、営利事業だから、ある程度視聴者読者の
ニーズに沿ってしまうのは、仕方ないのかもしれません。
としたら、私たち自身がもっと冷静になるしかないんでしょうか。

ただ、(自分に対するツッコミになってしまいますが)
周囲の雑音がいかに聞き苦しかったとしても、
クロッカスさんのように純粋に楽しむことは、
今のオリンピックだってできるはずなんです。
騒いでいるのは周りだけで、競技自体はちゃんとやっているんですから。
それをしない・できないのは、私の心の貧しさかもしれませんね。

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月17日 (水) 18時26分

すとれちあ。さんのお話を聞くまで
その日(8/15)の新聞がそんな風だったとは・・・
知りませんでした・・・
この無知・無関心さが一番ダメですねえ(反省・・・)

個々がしっかりと、過去の事実を風化させることなく
受け止めていないと、見たもの(聞いたもの)だけの報道に
影響されちゃいますね・・・

オリンピック☆なかなかタイムリーにゆっくり観れないので
ダイジェスト的なものを観ると
そういう聞き苦しさを感じないかも(笑)
いいのか悪いのか?ですよね~~タイムリーにドキドキしたいよな気もするんですけどね!
アスリートの方達の積み上げてきたものが
たった一日のその日のそのタイミングに成果を出さないと
いけないっていうのが
何とも言えないです・・・
でもだからこそ、成功しても失敗しても
感動を与えてもらうし、力をもらえるのが素晴らしいですよね!

投稿: ぴぐもん | 2010年2月18日 (木) 03時11分

スポーツは基本的に遊びと思っています
日々の労働や学業の間の息抜きとして
ゆえにプロスポーツには違和感を覚えます
オリンピックもプロみたいなものだと思います
と言ってもスポーツは嫌いではありません
今はしませんが以前はスキー場によく行ってました

投稿: ばか猫 | 2010年2月18日 (木) 22時44分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

基本、私たちはそれを楽しむ、でいいと思います。
むしろ、それを素直に楽しめない自分を
私は恥じてもいます
ただ、あれも大事だけどこれも大事。
どうも私たちの周囲の情報は一方に流されやすいので、
たまにフッと、思いを至らせたいものです。

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月19日 (金) 11時31分

ばか猫さん おじゃりやれ

スポーツは遊び、そうですね、
本質はそこにあると思います。見るのも、やるのも
その観点から見ると、私たちはどうも、
遊びが下手なんでしょうか。
下世話なことで茶化したり、
どうも純粋にそれを楽しめているとは思えません。

投稿: すとれちあ。 | 2010年2月19日 (金) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックと私たち:

« ロマンスカーに乗ってきました | トップページ | みんなで損ねたPHS »