« 私が尊敬する人物 | トップページ | 酔ってませんか? »

この時期、保育園は泣き泣き大合唱

夏の森では蝉が、秋の夜長はスズムシが

日本の四季は虫の音色が彩りを加えてくれますね。

さしずめ、この時期の保育園は「泣き虫」

新入園児を中心とするそれはもう、蝉も逃げます。

まだ関係性の築けてない新しい子の対応に追われる保育士、

どうしたって前からいる子に注ぐ目は奪われがち。

こんな時、起きるんですね…、トラブル。

誰が誰をぶっただの、何を取っただの。

そうして起こる、保育室全体での泣き泣き混声大合唱。

特に、物心つき初め&ママ恋しさの塊の

1歳児さんクラスは大変な騒ぎ。

死に物狂いでママにしがみつくのを振り払って

後ろを振り返らず小走りに出勤していくママさんたち、

目に入れても痛くない我が子と離れる寂しさと罪悪感で、

心の中では、子ども以上に泣きたいですよね。

私もそうでした。

子もんすてら。が1歳の時、

無認可のふりーじあ保育園に預けた時は、

「こんなにまでして働く意味があるの?」って

何度も自分に問いました。

ほんの片言以外は泣くことでしか表現できない子、

その子が、本気で泣いて訴えるんです。

ものすごい力で、保育士の抱っこから逃れて、

私の方に戻ろうとするんです。

こんな時、ふりーじあ保育園の園長先生が

おっしゃって下さいました。

「大丈夫、子どもはみんなこう。

親の前では泣いてても、すぐに元気に遊びます。

それに、こうして泣いて、それで成長していくんです」

その言葉を何度も頭で繰り返しながら、

自分の仕事に専念しました。

そして夕方、本気で走って迎えに行きました。

私も、保育園で働く身として、

ふりーじあ保育園の園長先生の言葉

全くの本当だと実感する毎日です。

朝、泣き泣きでママを困らせた子も

30分もすればあそびに熱中。

もちろん、1日に何回かは泣きますが、

健康な子なら、それはあたりまえのこと。

そして、遅い子でも数カ月も経てば、

ニコニコ顔で登園するようになります。

いえ、ママのお迎えを嫌がるくらい、

みんなと過ごす保育園が大好きな子も。

子どもって、大人が思うよりずっと

適応能力もあるし、楽しむことが上手なんです。

だから、ママさんたち、

安心してお仕事に向かってほしいな。

蝉も鳴いてるばかりじゃありません。

すぐに、大空を飛び回るじゃないですか。

|

« 私が尊敬する人物 | トップページ | 酔ってませんか? »

育児」カテゴリの記事

保育」カテゴリの記事

コメント

今日、エアロビでお話をしていたお友達も保育園の先生。泣き泣き大合唱だけれど、すぐにけろっとしちゃうのよ~って。でもしばらく耳にワ~ンワ~ンと残っていてこの時期大変って、おっしゃっていました。
すとれちあ。さんもこの時期は大変ですね。
でも小さなお子さんたちの成長する姿を見て、きっと、素敵なこともたくさんあるんでしょうね

投稿: ゆうまま | 2010年4月11日 (日) 21時21分

自分がよそのお子さんをお預かりしていた時は、「大丈夫ですよ。」って余裕で言っていましたが、いざ自分の子が幼稚園に行き出した時、もう心配で心配で仕方がなかったのを思い出しました。
泣いてくれるこの方が、(大変だけど)気持ちがわかりやすくていいですよね。
我慢して涙をこらえている子や一生懸命いい子になろうとしている子の方が、いじらしくなってしまいます。

投稿: クロッカス | 2010年4月12日 (月) 08時14分

ほんっとにそうですよね!
私も少し経験がありますが、ママと離れて大泣きだった子も
友達や先生と遊ぶのが楽しくて保育園大好き!になりますよね!
子供のあの泣き顔・・・親にとっては辛いけど子供はしっかり
切り替えてますよね(笑)
実はママのほうが辛かったりするんですよね(汗)
幼稚園や小学校・・・とどんどん大きくなっても
お友達と仲良くしてるかな?とか楽しく過ごしてるかな?とか
心配し続けるのは親の方ですね~~~
子供は立派に社会(まだ小さな社会だけど)に馴染んでいくものなんですね!

投稿: ぴぐもん | 2010年4月12日 (月) 08時54分

ゆうままさん おじゃりやれ

おっしゃるとおり、大変です
忙しい&子どもが泣き泣きの時に限って、
お客様が来たり(って誰でも経験あるでしょうね)、
そんな時に、泣いてる子をおんぶしながらお茶を出したり…。
ゆうままさんとだと、どうしても社会的な話をしちゃうんですが、
私たち認可園はまだ、人手もそれなりに充実してるし、
新入園児が今に集中してるけど、無認可はここまで人手ないでしょうし
新入園児が年中入ってくるので、もっと大変でしょうね。

でも、ゆうままさんのおっしゃる通り、本当に大変だけど、
それ以上に「シアワセ」をいっぱいくれる仕事です

投稿: すとれちあ。 | 2010年4月12日 (月) 17時59分

クロッカスさん おじゃりやれ

立場違えば…、ってヤツでしょうね。
私自身、子もんすてら。が今でも、時々別れ際寂しそうなんですけど
何とも弱気になります。
置いてから、園の門をくぐってしまえば、仕事モードになるのですが…。
これって、保育士に対する信頼があるとかないとか、
そんな問題ではないのでしょうね。

我慢している子、そうですよね。さすがはクロッカスさんです
マイナスな気持ちを出せる子だけでなく、
出せない子や出さない子の方にも
配慮をしてあげなきゃいけないんでしょうね。
ついつい、目立つ子を追いかけちゃう修行不足のワタクシです。

投稿: すとれちあ。 | 2010年4月12日 (月) 18時04分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

そうですね
子どもは大きくなるものたくましくなるもの
本当に、子どもの親離れよりも、親の子離れの方が
何倍も大変なのかもしれません。
幼稚園や保育園は、子どもにとって「世の中デビュー」
楽しいことをいっぱい覚えてほしいですね。

投稿: すとれちあ。 | 2010年4月12日 (月) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時期、保育園は泣き泣き大合唱:

« 私が尊敬する人物 | トップページ | 酔ってませんか? »