« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

世界遺産級のLani KaiⅡ

ついに小笠原が世界遺産に登録されましたね。

素晴らしい自然が世界的に認められたのは

素直に喜びたいと思います

(本音を言えば、懸念ゼロではないけど)。

さて今回は、小笠原ツアー現地1日目、

二見港でおが丸を降りた私たちは、

ドルフィンウォッチングツアーに参加しました。

子もんすてら。はバンドウイルカが大好き、

私は、御蔵島で野生のイルカを見たことがありますが、

もんすてら。はまだ、水族館でしか

イルカを見たことがありません。

20110611lumix_78

とびうお桟橋からクルーザーに乗り込んだ一行は、南島へ。

20110611lumix_172

こんな狭い湾口を通って、鮫池から上陸し、

憧れの扇池を見ました(ちょっとだけ潜りました)

20110611lumix_135

うちの地元のムール貝のごとく、

砂浜にゴロゴロ落ちているカタツムリの殻、

何と、10万年前のモノだとか。恐るべしっ、世界遺産…。

20110611lumix_142

20110611lumix_159

南島から見る父島、ジョンビーチ・ジニービーチ、

右端の赤いハート型の岩がハートロック、

ハートロックは母島を向いているんです。

何とも美しい夫婦愛

20110611_17

それからは海の中、こちらは青青コンビ

アオブダイとアオウミガメのペア。

20110611_81

クルーザーから餌をまいて…、

アイゴやらロクセンスズメダイやら…。

20110611_8

そしてついに、大好きなバンドウイルカと遭遇!

私のウデが足りないもので、こんな不鮮明な画像…

20110611lumix_194

大満足のドルフィンウォッチングツアー、

ガイドのお姉さんと記念撮影

明日も楽しいこと、たくさんありそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界遺産級のLani KaiⅠ

平泉と並んで世界遺産に登録される見込みの小笠原、

だからと言う訳ではありませんが、

この度、子もんすてら。と二人で行ってきましたっ!

(職場はじめ、長期間の不在を許してくれた

多方面の方々には、感謝しきりですm(_ _)m)

それにしても、小笠原が世界遺産に認定されるのと、

沖縄戦慰霊の日(今日)が時期が同じ頃なのって

同じ「南の島」として不思議な縁を感じます。

と言うのも、時期は違えど小笠原も、

硫黄島と言う激戦地があって、

父島にもあちこちに爪痕が残っています。

そして、空襲で沈んだ船に魚たちが住みついていたり、

自然と爪痕が融合しているんです。

世界遺産になるのは、豊かな自然かもしれませんが、

私たちは、自然と歴史、両方を大切にしなければなりません。

さて、カタい話はおいといて…、

いつも八丈島に行くおなじみの竹芝桟橋から出港。

おがさわら丸にはレディスルーム、ファミリールーム、

チャイルドルーム(子どものあそび部屋)が完備され、

家族連れにはかなりウレシイ船(さるびあ丸とは大違い)。

レディスルームもファミリールームも、

所謂二等船室ですが、船旅は二等船室に限ります。

袖摺り合うも多少のご縁、プライバシーのある一等より

お隣の人と船旅を楽しめる方が絶対いい!

20110611lumix_26

20110611lumix_28

それにしてもこの日は強風+豪雨、

しばらく見れない地元金沢沖の景色を眺めたら外海、

20110611lumix_39

船は大揺れになるので甲板外出は禁止になりました。

そしてこれから10時間、船は地獄のごとく揺れました…。

そして前線から離れた翌朝、空は晴れ渡り、甲板は…、暑っ

遠くには婿島が見え、小笠原諸島に入ったことを実感しました。

20110611lumix_58

20110611lumix_64

そして父島、二見港に入港するおが丸、

島のガイドクルーザーが出迎えてくれました。

20110611lumix_62

と、あれはもしや…、マンタ?

20110611lumix_70

そして島に上陸、

スチールドラムの演奏が出迎えてくれました。

灼熱の太陽、咲き誇るデイゴやブーゲンヴィリア、

20110611lumix_280 20110611lumix_76

八丈とも沖縄とも違う、南国生活の始まりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »