« この秋から奪われたこと | トップページ | 「女」が流行になっていないか? »

小田急ファミリー鉄道展

20111016_46

一年前から、油壺マリンパークに通うようになってから

子もんすてら。が一番好きなものは「イルカ」

でも、それ以前は電車が一番でした。

将来の夢も、「ロマンスカーの運転手さん

今は「マリンパークでイルカトレーナー」ですが、

果たしてそれは、「過去のもの」でしょうか。

先日16(だいぶ前ですね)、海老名で

小田急電鉄のファミリー鉄道展がありました。

私「ロマンスカーとか見れるけど、行く?」

も「行く!絶対行く

どうやら、まだまだ過去のものではないようです。

で、行ってみると、すごいすごい!

何がすごいって、展示物やコンテンツじゃありません。

人出が、すごいんです。

20111016_3_2

何しろ、会場に入る行列が1時間半(入るだけですよ)

会場内の各展示も、同様に1時間以上の行列がザラ

(↑の列は、1時間以上並んだ後、やっと会場入りする直前)。

そして、ほっとんどが親子連れ。

鉄道のイベントでイメージされる

「大人のマニア」はほとんど目につきません。

それだけ、ロマンスカーの(子どもにとっての)

人気がすごいってことですね。

20111016_6_2

と感じた時、それを象徴するような出来事が…。

20111016_5_2

もんすてら。も大好きなロマンスカーVSEが通過し

会場に子ども達の黄色い歓声が上がりました。

この電車、できてから6年くらい、古くも新しくもなく

毎日ダイヤ通りに走っているだけなのに

それでも通っただけで歓声が上がる電車、

他にあるでしょうか。

日本一のイケメン電車です

それから、大人にはほろ苦い話も…。

冒頭リーフレットの右端の通勤電車、

私も子どもの頃から乗ってた5000(と言うらしい)

が、もうすぐ引退するとか…。

「小田急の、最も小田急らしい電車」と思っていたので

何だか残念でなりません。

ものすごい混雑なのでほとんど見れませんでしたが、

中でも一番混んでたのが既に引退してる初代ロマンスカーSE

(ロマンスカーの神様です)の展示。

なんと、2時間半待ちとか(ここはさすがに、大人が多かった)

もちろん、私たちはハナから並ぼうと思わなかったけど、

帰りに偶然、お顔だけ拝見できました(私も初めて見ました)。

20111016_43_2

まだまだ、海やイルカには負けないワクワクを

私たちに与えてくれそうです

(でももう、来年は行かないかな。混むから)

|

« この秋から奪われたこと | トップページ | 「女」が流行になっていないか? »

育児」カテゴリの記事

京急油壺マリンパーク」カテゴリの記事

コメント

そんなにすごい人気なのですね~!!
もんすてら。ちゃんは幸せですね!
私だったら、きっとあまり興味がなくて
わからないかも
でも、初代ロマンスカーはちょっとお顔を拝見して
みたいわ

投稿: ゆめ | 2011年10月30日 (日) 23時19分

ゆめさん おじゃりやれ

私も、鉄道については門前にすら立っていないくらいなので
エラソーなことは言えませんが、
鉄道ってなかなかいい趣味だと思います。

それにしても、ロマンスカーの人気はすごいです。
子どもには新幹線も人気あるけど、あれは全国規模だから。
スケールが同じだったらロマンスカーには遠く及ばないと思います。

投稿: すとれちあ。 | 2011年10月31日 (月) 12時14分

す、すっごい人ですね~~~(*゚▽゚)ノ
やはり人気がすごいってことが
分かるお写真ですね!!

さすがに2時間以上待ち・・・は(;;;´Д`)ゝ厳しいですねえ・・・
でもそれだけの価値がありますね!

今は一番が「いるか」でも
一度ここまで大好きになった ロマンスカーは
殿堂入りなんでしょうね( ´艸`)

投稿: ぴぐもん | 2011年11月10日 (木) 23時19分

ぴぐもんさん おじゃりやれ

まぁ、一度は行ってみる価値、あったと思います
(そして私は二度と行きません)。
でも、本当に人気はすごいですよ。
例えば、新幹線の「はやぶさ」は今、人気あるけど、
6年間走った後は、今のVSEの足元にも及ばないでしょうね。
もんすてら。にとっても、ぴぐもんさんの言葉がドンピシャで
「殿堂入り」のようです。
20日には江ノ電のフェスタがあるので、これにも行くらしい

投稿: すとれちあ。 | 2011年11月12日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急ファミリー鉄道展:

« この秋から奪われたこと | トップページ | 「女」が流行になっていないか? »